消費者金融が提供するキャッシングサービスは年収の3分の1以上の借り入れはできないという決まりがあるため、専業主婦のように収入の証明ができない方は審査の対象に見なされない場合があります。
しかし、銀行系のキャッシングサービスはこの法律の適用外となっており、専業主婦でも借りれることができます。
中には収入の証明が不要となっている銀行もありますので、家族に内緒でお金を借たいという主婦の方にも大変おすすめです。
 
銀行カードローンは一般的に金利が低く設定されているものが多く、消費者金融を利用するよりも利息の負担が少ないことが大きな魅力となっています。
また、女性専用のプランが用意されている銀行もあるため、専業主婦でも借りれるカードローンとしては一番適したものだと言えるでしょう。
 
銀行カードローンの申し込みは、少ない金額であれば収入の証明を行う必要もありません。
専業主婦に対しては金額の上限が設定されている場合もありますので、まずはいくつかのプランを比較することから始めてみましょう。